【BI764532】進行固形癌/第1相試験/抗DLL3・CD3二重特異性抗体

(2022年8月1日時点の情報です)

【BI764532】進行固形癌/第1相試験/抗DLL3・CD3二重特異性抗体

この試験は、標準治療後のDLL3陽性の進行固形がんの方を対象にした第1相の臨床試験で、抗DLL3・CD3二重特異性抗体を投与する臨床試験です。

対象となるがん がんの種類を問わない
対象の遺伝子異常 特定の遺伝子異常を対象としない
治験責任医師 久保木 恭利
試験デザイン(機序) 抗DLL3・CD3二重特異性抗体(点滴薬)の単剤投与です。
参加条件 以下に該当する方が対象となります。
1)全身状態に問題のない方(身の回りのことがご自身で可能な方)
2)文書による同意が得られる
3)20才以上である 
4)組織学的に悪性腫瘍と診断されている
5)各臓器機能が規定内に保たれている
注:上記の患者選択基準は概要であり、上記に該当していてもこの治験に参加できないことがありますので、ご了承ください。
治験に参加した場合の費用負担 治験薬は製薬企業から無償提供されますが、それ以外の薬代、検査費用などは日常診療と同じ費用負担が発生します。保険の種類、扶養者の年収にもよりますが、実質的費用で得られるメリットはありません。
入院期間 治療開始時に入院が必要となります。入院期間については、受診時にご確認ください。
治験を検索する 治験を検索